中四国/九州

琴電

並び替え

キッチン 琴電1000初期

  • 3,996円 税込
  •  
  • 322A

汽車製のヘッダーなし丸窓車。
別途必要:パンタ、ヘッドライト、テールライト、床板、床下機器、水雷型通風器

キッチン 琴電100更新

  • 3,996円 税込
  •  
  • 322A2

1000型のうちトップナンバーの100号の更新後。戸袋は通常のHゴム窓。
別途必要
パンタ...

キッチン 琴電11000

  • 3,456円 税込
  •  
  • 024B

貨車を制御車にした異色の車輌。
別名義で素材頒布していたものの焼き直しです。
1000初期、3000...

キッチン 琴電11000窓少

  • 3,456円 税込
  •  
  • 024B2

貨車を制御車にした異色の車輌。これは側面と後部の窓数が少なかったもの。
別名義で素材頒布していたものの焼き直し...

キッチン 琴電1201+1202りつりん号

  • 7,128円 税込
  •  
  • 322H

富士身延から来た2連で、急行に使用されたもの。1201のステップ1段撤去時代としてあります。
別途必要<...

キッチン 琴電120更新

  • 3,996円 税込
  •  
  • 322A3

裾だけではなく側面窓下のリベットがほとんど無くなった姿。
別途必要
パンタ、筒形通風器、ヘ...

キッチン 琴電130更新

  • 3,996円 税込
  •  
  • 322A4

側面の客扉が木製、助手席側の側面窓が2段のままだった時代にしてあります。
別途必要:パンタ、筒形通風器、ヘッド...

キッチン 琴電21(飾り窓跡なし)

  • 4,320円 税込
  •  
  • 322K

側面窓上にアーチの飾り窓があったものを、近鉄時代に完全に埋めて平らにしてヘッダー設置した車体の貫通改造後。
運...

キッチン 琴電23更新(通風器撤去)

  • 4,320円 税込
  •  
  • 322K5

1996年春?ごろから、若干大きめだったガーラント型
(鋼体図を見ると当初は円筒状?)
が撤去されたようなの...

キッチン 琴電24更新

  • 4,320円 税込
  •  
  • 322K4

23と異なり、運転室側面窓の位置が低く
(上辺は客窓と同じ)、
一部手すり位置も異なるもの。

...

キッチン 琴電3000初期

  • 3,996円 税込
  •  
  • 322B

日車製のヘッダーあり丸窓車。初期といっても原形は手すり形状など
別所の丸窓と前面以外ほとんど同じで面白くないの...

キッチン 琴電300更新丸窓

  • 3,996円 税込
  •  
  • 322B2

3000型のトップナンバーの更新後、現在丸窓装飾を復活させているもの。

別途必要:パンタ、筒形通風器、...

キッチン 琴電30Ⅱ(喫茶店881)

  • 4,320円 税込
  •  
  • kh1101-1

側面の扉下に張り出しステップ設置後。
ただし前面のテールライトは1灯
(戦後のテール2灯のための孔開け位置は...

キッチン 琴電315更新

  • 3,996円 税込
  •  
  • 322B3

運転室拡大でドア位置の異なるもの。戸袋は通常のHゴム窓。
別途必要
パンタ、筒形通風器、ヘ...

キッチン 琴電325更新

  • 3,996円 税込
  •  
  • 322B4

助手席側の側面窓が2段だった時代にしてあります。
別途必要:パンタ、筒形通風器、ヘッドライト、テールライト、床...

キッチン 琴電335更新

  • 3,996円 税込
  •  
  • 322B5

戸袋が通常のHゴム窓、という以外は300更新と同じ。

【別途必要】
パンタ、筒形通風器、...

キッチン 琴電500末期

  • 3,996円 税込
  •  
  • 322C2

5000型のうちナンバー500は比較的原形の雰囲気を残しているもの。
客扉が鋼製Hゴム窓になっている現在の姿。...

キッチン 琴電510末期

  • 3,996円 税込
  •  
  • 322C3

こちらはパンタ側のシルヘッダーを撤去、貫通扉も開戸で大型窓のものに交換。
別途必要
パンタ...

キッチン 琴電520末期

  • 3,996円 税込
  •  
  • 322C4


※商品は上級者向き組立てキット(模型素材)です。
動力、台車パンタグラフなどほか、パーツが、キット...

キッチン 琴電71

  • 4,320円 税込
  •  
  • 086A4

東濃101の転属。片側だけ平妻です。
ステップ撤去のほか、わざわざ貫通扉を木製に戻す
(東濃末期は半...

このページの先頭へ